E-PLACE第2回参加者 福田 

投稿日: カテゴリー: 未分類
氏名    福田   
学校名 〇〇大学
卒業予定年度 〇〇年卒予定
E-PLACE参加回 第2回

☆Child Box☆

《概要》

1ヶ月に1回、アンケートに基づいて各家庭に合わせたChild Boxをお送りします。

 

《Child Boxの内容》

  1. 生活セット

離乳食、ベビー服など生活に必要なセットをお送りします。

離乳食などは有機野菜を使用した安心のごはんを。

  1. 育みセット

絵本、おもちゃなど子供を育むためのセット。

また、子供だけじゃなく親子で楽しめるように、お父さんの趣味に合わせたセットなど、子供と親が一緒に楽しめる時間を作ります。

(0才〜12才までを想定。中学生までにする可能性も。。。ここは決めきれていないです)

 

《Box以外に行いたいなと考えていること》

◼︎特典として、毎月テーマに合わせた写真と子供の良いところを一言送ってくれた方、かつ1年継続してくださった方にはアルバムをプレゼント。

→子供の成長を写真と子供の良いところとともに振り返れる。

→アルバムがなくなってきている時代にアルバムとして振り返られるものを見て、我が子の成長を実感してもらう。かつ、子供の良いところを書くことで、怒りがちになってしまう日々でも、振り返るとこんなにも我が子に良いところがあるのだなと振り返られる。

 

◼︎アンケートをもとに、家族のお悩み相談を行う

→方法1:冊子にし、選ばれた家庭のお悩みを専門家が答えたり、各悩みに対して解決策を別家庭の方から案としてもらう(知恵袋みたいな感じにはなると思う。)

→方法2:抽選で選ばれた方を対象に専門家あるいはスタッフが直接お悩み相談

 

◼︎プレゼント

→旅行券とかプレゼントしたいな

 

◼︎遠くに住む祖父母と家庭をつなぐ取り組みもしたい

→祖父母がこのBoxをプレゼントする形もいい

→祖父母にもアルバムを届ける

 

《ターゲット》

  • 共働きの子供がいる両親
  • 子育てに関心があるが、日常に新たな風がほしいと思っている両親
  • 夫/妻に子供ともっと関わってほしいと思っている妻/夫
  • 遠くに住む祖父母(忙しい息子/娘のためにプレゼントとして届けてあげたいと思う)

 

《与える価値》

◼︎各家庭全体に与える価値

→親と子供をつなげ、一緒に楽しめる日常の時間を提供。

◼︎親に与える価値

→子育てに楽しみを感じれること。

 

《資金》

◼︎利用者からもらう

a)生活セット 1ヶ月1万2000円 3ヶ月3万円 1年12万円(アルバム代込)

b)育みセット 1ヶ月5千200円   3ヶ月1万5000円 1年6万円

 

◼︎協賛

例) manma  四季の離乳食

http://hatake-no-mikata.co.jp/product-list/manma/

四季に合わせた野菜を作った離乳食を作っている企業/団体と協賛。

→Boxに入れる代わりに安くしてもらう又は協賛金をいただく

 

◼︎かかる費用

送料

1個につき1000円くらい(?)

物品の仕入れ(生活セット)

1個につき4000円

物品の仕入れ(育みセット)

1個につき 3000円

家賃

月8万

光熱費

月3万

電話代

月1万

人件費

月50万1

初期費用

会社設立費用(合同会社にした場合)

6万

パソコン

30万(3台)

固定電話

1万

デスク・椅子

3万

 

《広報》

・産婦人科にチラシを置いてもらう

  • 協賛の企業に宣伝してもらう

 

《競合》

  • しまじろうなどの幼児教育〜小学校教育までの家庭教育ツール

→前提、「こどものための」という点に重視している。また、知識教育を行っている。それに対してChild Boxは「親も」「子供も」楽しめるものを、知識教育ではなく、人としての教育をメインにしたBoxで家族をつなぐ架け橋となるものになります。

 

  • 自分で買いにいく

→働く両親を想定しているため、なかなか何かを買いにいく時間がなかったり、子育てのことを考える時間がない人をターゲットとしています。

そのため、ニーズに合わせたものが家に届く、またお楽しみであるといところにこのBoxの魅力があります。

 

  • 習い事

→あくまで両親と子供との時間を作ることに重きをおいています。確かに、子供のために英会話や塾などの知識教育を行ったり、習い事を行わせる親もいると思います。それは私も必要なことで、親御さんの価値観のもと行っていいと考えます。しかし、となるともっと親との時間は減ってしまいます。日常の中から親と一緒に過ごせる時間を作ってもらうのがこのBoxの魅力です。

 

《私の思い》

「日本を子育てが楽しいと思える国にしたい」

近年、少子高齢化と言われているように、子供の数が減っています。

メディアでは働きたくても保育園にいけないなど、子育てが足かせになっているかのようなイメージをもたせるものが多くなっています。

その中で、私は家族との時間を少しでも幸せな時間にしたい。幸せと思える家族を少しでも多く作りたいと思っています。

そのきっかけとしてあるのがChild Boxです。働く親が増えて家族との時間が少なっている中、家族をつなぐツールになってほしいと思います。そのため、子供が喜ぶものだけでなく、お母さんもお父さんも一緒に住む祖父母がいれば祖父母も喜ぶBoxにしたいのです。

このBoxが家庭をつなぎ、幸せな家庭を増やします。

それが伝播し、子育てに対するイメージも変化させていきたいと思っています。

 

《私の付随した思い(最終的にはこれがしたい)》

幸せな家庭を増やしたい。しかし、様々な家庭があり、家庭には様々な問題があります。そして家庭に入り込むことは極めて難しいと言われています。その中で私はこのBoxが家庭に入り込む入り口になると考えています。このBoxを使って幸せになる人が増える。一方、家庭が苦しい時に助け舟を出す役割も私(私たち)が行いたいのです。両親・子供の趣味やどんな子に育ってほしいのかのアンケートをもとにこのBoxは届けられます。そして、今の家庭の悩みなども自由に記述できるようにし、その悩みを解消できるようにしていきたいのです。Boxの満足度を高めれば高められるほど信頼が高まり、悩みも打ち明けられやすくなると思います。Boxの満足度をあげなければならないというハードルは確かに高いですが、各家庭を見守る私(私たち)ができることなのです。

 

この学生に興味をお持ちの方は下記フォームにご連絡ください





コメントを残す